株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

ウォーレン・バフェット氏のIBM株売却で思う事

ウォーレン・バフェット氏がIBM株を3分の1売却したとGW中に報じられました。

これによってIBM株も大きく売り込まれました。

よく分からないハイテク株には投資しないと言っていたバフェット氏が、最初に投資したハイテク株がIBMです。

最近はアマゾンやアルファベットが強すぎて、株価も業績もパッとしませんでした。

私は個別株投資の難しさを改めて感じました。

しかし、IBMは配当も高く、キャッシュもあるため、株価が下がってもホールドか買い増しするのも選択肢としてあったと思います。

しかし、バフェット氏は売却しました。

個人投資家はIBMの売却タイミングが分かるだろうか?

このタイミングで売却という選択は、私含めて個人投資家が判断しただろうか?

バフェット氏の判断が正解として想定していますが、個人投資家はこのタイミングでの売却の判断はできないと思います。

投資は敗者のゲームであり、ミスをしたら負けです。

ミスした時点でインデックスをアウトパフォームする事は難しくなります。

ここから学べる事は、弱小個人投資家はインデックス連動の投資信託かETFをコツコツ買う事が、1番安全に資産を増やす事だという事です。

投資ルールの厳格化を考えています。

今、私は投資ルールをもっと厳格化させるために、現金・インデックス連動ETF・個別株の割合を考えています。

この割合になる様に毎月買い付けていく単純で明快なルールを作ろうとしています。

その最中にこのニュースを見て、インデックス連動ETFの割合をもっと大きくするべきであると考え始めています。

個別株は難しい・・・