株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

訪日観光客が増えたからといって単純に喜んではいけない

 

最近は街中に外国人観光客を沢山見かけます。

欧米の方もいますが、やはり1番多いのは中国や東南アジア系の方でしょうか。

なぜ最近は外国人観光客が増えたのか?

日本の美しい自然や文化に魅了されて、ビザの緩和などで増えたとテレビでは報道されています。

本当にそれだけの理由なのでしょうか?

もう一つ大きな理由があります。

それは、日本の国力が落ちたから。

中国や東南アジアの所得が増え、物価が上昇している間に、日本は長い間デフレで所得も増えるどころか減少しています。

さらに最近は円安です。

わざわざ物価が高い所に好き好んで大量の観光客が押し寄せる事は、普通考えられません。

日本は物価が安くて旅行・買い物に適しているのです。

日本人も物価が高い国に旅行に行く人よりも、東南アジアのリゾートや台湾・韓国に行く人が多いのは単純にお得だからです。

デフレは、短期的には消費者に嬉しいですが、長期では企業業績に影響を与え、給与・雇用の減少、景気の低迷を招きます。

円安も長期的にはデメリットしかない。

円安は輸出企業の業績を上げるため、政府が積極的に推し進めていますが、長期的にはデメリットしかありません。

日本の資産を減少させているだけです。

では、サラリーマン投資家はどうすれば良いのか?

ドルをコツコツ買い進めるしかありません。

日本の国力が落ちているため、さらなる円安がこれから続くと私は考えています。

円安の状態で円を持ち続けていても、相対的に資産が減少していく事になります。

私は資産をドルに変えつつ、株式投資ができる米国ETFに定期的に投資しています。

サラリーマンは日本円を給与で貰えるため、リスクヘッジも兼ねて米国株に投資する事を推薦します。