読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

コカコーラ株を購入しました。

[KO]コカコーラ株を約35万円分購入しました。

バフェット銘柄であり、連続増配銘柄のコカコーラを購入しました。

最近は株価低迷していますが、世界の人がコカコーラを飲まなくなることは、少なくとも私が生きている間はあり得ないでしょう。

流行り銘柄を買いたくなりますが。流行り銘柄は取引タイミングがとても難しいです。

プロとの勝負となるため、素人サラリーマンが片手間で売買しても期待したリターンは得られないでしょう。

しかし素人サラリーマンでも資産を雪だるま式に増やす方法があります。

それは、人々の生活に溶け込んでる強力なブランド商品を持っている銘柄かつ連続増配している銘柄を購入する事です。

その配当を再投資する事で、複利の力で雪だるま式に資産を増やしていくのです。

インデックスファンドもいいが、高配当株への配当再投資がより良い!

私は配当金生活を目指しているため、一定の配当が無いと生活が成り立ちません。

インデックスファンドでは出口戦略が難しく、お金が欲しい時に積み立てを解約しなければなりません。

そのタイミングが難しいと私は考えています。

そのお金が欲しいタイミングは売っていいタイミングなのか?

もしかしてあと一年持っていたらもっと上がるかも?

明日にはxxショックが発生して一ヶ月後には半値になっている?

などなど考え始めると出口戦略がとても難しいです。

その反面、高配当株は何も言わずに配当金を振り込んでくれます。

素人はタイミングで悩んでしまうため、強制的に企業から配当をもらった方が安心なんです。

配当は市場を騙せない

配当金は誰もが目にする数字であることから誤魔化したりすることは不可能です。

しかし、配当を出さず内部保留した場合は、将来の投資に回したり、従業員のボーナスを増やしたりしているかもしれませんが、経営者が極めて私的な目的のものに使っている可能性もあります。

利益を内部保留させても一体何に使われているか完全には把握することは不可能です。

しかし、配当は騙せない。経営者は株主に安定的に配当を出すために利益を出す経営をしなければなりません。

その目的への目指すべき方向を高配当株はしっかりと見据えて経営していると評価できると私は考えています。