読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

このトランプ相場を誰が予想できただろうか?

投資指針

年が明けてもアメリカ、日本共に株価は好調です。

トランプ相場強すぎます。

このトランプ相場を予想し、事前に売買を調整することは出来るのだろうか?

私は去年の末に日本株を全て処分しましたが、そこから更に上昇しています。

(日本株処分の理由は、2016年に日本株から米国株へシフトする事を決めた事による売却です。)

やはり株の売りタイミングはとても難しい。

更に言うと、買いのタイミングも難しい。

テレビの偉い人も豪快に予想を外しています。

偉い人はトランプが当選したら株が下がると言っていたのに、急上昇してるじゃないですか!

イギリスのEU離脱だって、大外れしてるじゃないですか!

イベントを見越してポジションを調整する事は不可能

偉い人が大外れしているのに、個人の私達が今後のイベントを全て見越して取引する事は不可能です。

数回予想が当たっても、1回ミスればインデックスにパフォーマンスで負けてしまう可能性が高くなります。

予想はできないが、市場に居続けることはできる。

結局難しいなら、インデックスファンドや高配当・連続増配銘柄をバイアンドホールドして、市場に居続ける事が大勝ちもしないが、大負けもしない方法だと私は考えています。

売るタイミングは考えず、定期的に買い増していくだけです。

資本主義経済の成長が見込める限り、株価は必ず上昇します。

株価が急落しようが急騰しようが、売らずに市場に居続ける事が一番大事です。

リーマンショック級が起きても市場から脱落しない事。株価が急落した時が買い時です。

買いでしか資産は増えません。

ヘッジファンドなどで空売りをしている人は、他人の金を取引しているだけです。

たとえゼロになっても首になるだけです。自分が借金を背負うわけではありません。

リスクある取引を躊躇なくしても問題ありません。

しかし、個人投資家が空売りや投機に走れば、自分の人生・家族の人生がリスクを負う事になります。

個人投資家は大負けは許されません。

じっくり時間をかけて資産を育てていく事。人生の中で何度もくるリーマンショック級の出来事を、市場に居続けながら耐えて乗り越える事が重要です。

まとめ:バイアンドホールドで市場に居続ける事。それが一番大事。