読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

これから日本株の購入比率どう下げるか

投資日記

私は日本個別株で以下の銘柄を保有しています。

・富士重工
・富士フィルム
・インベスターズクラウド
・住友商事

他にも保有していましたが、日本株比率を下げる計画を立てていることから、
含み益があったものから売却してしまいました。

という事は上記の4銘柄は全て含み損を抱えています。

現金化する時にどの様な方法をとるのが良いのか難しいです。

考えられる方法として、

1.何も考えず現金化予定の銘柄は一括で売ってしまう。
2.損益がゼロになるように調整して売る。
3.私の様にとりあえず利が乗っている銘柄を売ってみる。
4.含み損を抱えているものだけ売る。

バフェットやピーターリンチは4を選択するでしょう。たぶん。

しかし、初心者丸出しの私は、怖気づいて3を選択しました。

年末には損益がゼロになるように調整する予定ですが、塩漬けになってしまうのが不安です。

下がったら買い増しして購入単価を下げる逆張り投資をする方法もありますが、日本株がこれから上がるのかという疑問があります。

そして、日本株の比率を下げたいのに買い増ししたら意味がないですね。

株の購入は簡単ですが、出口戦略を立てるのがとても難しいです。

これは規模が違いますが、日銀が購入しているETFにも言えることでしょう。

かなりの企業で大株主が日銀になっていしまっている状況で、日銀がETFを売り始めたら日経は暴落する可能性があります。もう日銀はETFを売ることはほぼ不可能ではないでしょうか。

これから日本は大変厳しい状況になるのではないかと考えています。