株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

私のこれまでの投資人生

私のこれまでの投資経歴を自己紹介を兼ねて綴ります。

はじめて投資を経験(学生時代)

一番最初に株の世界に入ったのは、学生の頃です。

学生の有り余る時間を使って株を始めます。

原資はバイトで貯めたお金で、50万くらいだったと思います。

しかし、当時はお金が無くなるのが怖くて、ちょっとでも動いたらすぐに手仕舞うデイトレでした。デイトレが流行っていた時期でもありました。

サイバーエージェント、ソフトバンクなどを触って、数千円利益出たら利確をしてましたが、逆に数千円マイナスでも損切りしてましたので、結局収支はほぼゼロでした。

そんなあまり意味のない取引を繰り返すなかで、仕手株とか割安株とかで大きく利益を出すという方法を知り、試しに実践してみることに。

買ったに銘柄は、当然素人には手に負えない動きをしていて、損切タイミングを逃し、速攻大きな含み損を抱えることに。

十数万の含み損を抱えたまま2年弱塩漬けしていました。

ショックでその間は株価の動きも一切見ていませんでした。

その後ふと見たらたまたま塩漬けしていた株が噴いていたため、興奮しながら十数万の利確をしました。かなり喜んだのを覚えています。

それから小型株や流動性が低い株には手を出さない事を誓いました。

学生時代は、その十数万の利益が出たところで研究論文や就活が忙しくなり、株取引もほとんどしなくなりました。

社会人~リーマンショックとアベノミクスを経験

社会人になったころ、リーマンショック真っ最中だったため、少し手を出すが、買っても下がり続けるため怖くなって損切ばかりしていました。

仕事も忙しくなり、ほとんど取引もしていませんでした。

その後、アベノミクスによりリーマンショック時のマイナスを取り返し収支もプラスへ。

しかし、大底で買えたわけではないので、リーマンショック時に耐えて買い進めていた人に比べるとリターンも少なく、多少プラスになっただけです。

これからの投資

リーマンショック、アベノミクスを経験し、こんな将来を予測できない相場で素人の私が確実に利益なんて出せないと考え始めました。一歩間違えれば大損です。

そう考えている中で、インデックスファンドの存在、ETFの存在を知ります。

ウォール街のランダムウォーカー、ウォーレンバフェット、ハワード・マークスの投資で一番大切な20の教えなどの書籍を読み、コツコツとインデックスファンドやETFへ長期投資をすることで、分配金再投資・複利の力により雪だるま式に資産を築けると学びました。

この考え方を私の投資方針の基本としたいと思っています。

そしてセミリタイア生活へ向けて

2030年までに配当金によるセミリタイア生活への移行を計画しています。

原資は配当金をベースに考えています。目標は金融資産最低8000万円、1億円あれば確実です。

労働者として60歳70歳までこき使われるのは絶対いやです。

経済的自由を手に入れる事が投資をする最大の目的です。

コツコツ投資により、再投資・複利の力で大きな資産を築くことができる事をこのブログで証明できたらと思います。