株式投資による黄金の人生設計

普通のサラリーマンが株式投資と節約で経済的自由を目指しています。

コカコーラ株を購入しました。

[KO]コカコーラ株を約35万円分購入しました。

バフェット銘柄であり、連続増配銘柄のコカコーラを購入しました。

最近は株価低迷していますが、世界の人がコカコーラを飲まなくなることは、少なくとも私が生きている間はあり得ないでしょう。

流行り銘柄を買いたくなりますが。流行り銘柄は取引タイミングがとても難しいです。

プロとの勝負となるため、素人サラリーマンが片手間で売買しても期待したリターンは得られないでしょう。

しかし素人サラリーマンでも資産を雪だるま式に増やす方法があります。

それは、人々の生活に溶け込んでる強力なブランド商品を持っている銘柄かつ連続増配している銘柄を購入する事です。

その配当を再投資する事で、複利の力で雪だるま式に資産を増やしていくのです。

インデックスファンドもいいが、高配当株への配当再投資がより良い!

私は配当金生活を目指しているため、一定の配当が無いと生活が成り立ちません。

インデックスファンドでは出口戦略が難しく、お金が欲しい時に積み立てを解約しなければなりません。

そのタイミングが難しいと私は考えています。

そのお金が欲しいタイミングは売っていいタイミングなのか?

もしかしてあと一年持っていたらもっと上がるかも?

明日にはxxショックが発生して一ヶ月後には半値になっている?

などなど考え始めると出口戦略がとても難しいです。

その反面、高配当株は何も言わずに配当金を振り込んでくれます。

素人はタイミングで悩んでしまうため、強制的に企業から配当をもらった方が安心なんです。

配当は市場を騙せない

配当金は誰もが目にする数字であることから誤魔化したりすることは不可能です。

しかし、配当を出さず内部保留した場合は、将来の投資に回したり、従業員のボーナスを増やしたりしているかもしれませんが、経営者が極めて私的な目的のものに使っている可能性もあります。

利益を内部保留させても一体何に使われているか完全には把握することは不可能です。

しかし、配当は騙せない。経営者は株主に安定的に配当を出すために利益を出す経営をしなければなりません。

その目的への目指すべき方向を高配当株はしっかりと見据えて経営していると評価できると私は考えています。

 

仕事は人生の暇つぶし

辛いことの方が多い日々の仕事。

やりたくないけど経済的自由ではないから、嫌な仕事を続けていかなければならない。

そんな状況でも経済的自由を得るまでは、仕事を続けていける様に、仕事をする時の私のスタンスを紹介します。

仕事は人生の暇つぶし

経済的自由を実現するまでは、根気よく仕事を続けていかなければなりません。

モチベーションを維持していくことは、とても重要です。

自分の思い通りに進まず、上司・顧客から責められ、段々体力的にも精神的にも疲弊してしまう悪循環に陥ることもあります。

最近話題になっている、長時間労働や過労死の問題もあり、社会全体として働き方の改革が求められています。

私は「仕事は人生の暇潰し」というスタンスで仕事をしています。

プロとして仕事をするとか、お客様第一とか建前だけで、客がそれなりに満足し、自分が疲弊しない程度に仕事をしています。

PDCAサイクル、ロジカルシンキング、なぜなぜで改善とか、巷でビジネス本で色々流行っていますが、私は何も考えず人生の暇潰しをしています。

1番重要なことは、効率的に仕事を終わらせて家に帰るという事。

会社の業績が改善しようがしまいが私には関係ありません。

それは、もっと給料をもらっている偉い人(経営者、マネージャー)が考えればいいのです。

平社員である私は与えられた仕事を効率的に終わらせて、家に帰って給料をもらうだけです。

暇つぶしをしつつお金を貰えると考えると、嫌な仕事もいくらかましになると思います。

効率的に仕事するためには?

しかし、効率的に仕事を終わらせて、家に帰るために努力しなければならない事もあります。

例えば、

  • よく参照する資料をすぐに取り出せる様に資料や参考図書を整理する。
  • 外注する時や後工程に仕事を渡す時など、次の担当者から質問が来ない様に整理された資料を作る。(外乱が入ると効率が著しく落ちます。)
  • 社内で質問すれば解決策を導いてくれる物知りな人と仲良くなる。(反対に雑談が長い人には近づかない。)

など、早く帰る(楽に仕事をする)事だけにはエネルギーを使って、最小限のエネルギーで給料を貰える様にしています。

まとめ

仕事は人生の暇つぶしと考え、あまり自分を追い詰めない。

楽に仕事ができる様にする事だけにはエネルギーを使う。

このトランプ相場を誰が予想できただろうか?

年が明けてもアメリカ、日本共に株価は好調です。

トランプ相場強すぎます。

このトランプ相場を予想し、事前に売買を調整することは出来るのだろうか?

私は去年の末に日本株を全て処分しましたが、そこから更に上昇しています。

(日本株処分の理由は、2016年に日本株から米国株へシフトする事を決めた事による売却です。)

やはり株の売りタイミングはとても難しい。

更に言うと、買いのタイミングも難しい。

テレビの偉い人も豪快に予想を外しています。

偉い人はトランプが当選したら株が下がると言っていたのに、急上昇してるじゃないですか!

イギリスのEU離脱だって、大外れしてるじゃないですか!

イベントを見越してポジションを調整する事は不可能

偉い人が大外れしているのに、個人の私達が今後のイベントを全て見越して取引する事は不可能です。

数回予想が当たっても、1回ミスればインデックスにパフォーマンスで負けてしまう可能性が高くなります。

予想はできないが、市場に居続けることはできる。

結局難しいなら、インデックスファンドや高配当・連続増配銘柄をバイアンドホールドして、市場に居続ける事が大勝ちもしないが、大負けもしない方法だと私は考えています。

売るタイミングは考えず、定期的に買い増していくだけです。

資本主義経済の成長が見込める限り、株価は必ず上昇します。

株価が急落しようが急騰しようが、売らずに市場に居続ける事が一番大事です。

リーマンショック級が起きても市場から脱落しない事。株価が急落した時が買い時です。

買いでしか資産は増えません。

ヘッジファンドなどで空売りをしている人は、他人の金を取引しているだけです。

たとえゼロになっても首になるだけです。自分が借金を背負うわけではありません。

リスクある取引を躊躇なくしても問題ありません。

しかし、個人投資家が空売りや投機に走れば、自分の人生・家族の人生がリスクを負う事になります。

個人投資家は大負けは許されません。

じっくり時間をかけて資産を育てていく事。人生の中で何度もくるリーマンショック級の出来事を、市場に居続けながら耐えて乗り越える事が重要です。

まとめ:バイアンドホールドで市場に居続ける事。それが一番大事。

2016年末の総資産は2400万円超え

2016年総資産は24,031,903円となりました。

昨年は結婚をしたため、人生の転機の年となりました。

同時に出費も多くなるイベントが多くありましたので、貯金はどうなるかと思いましたが、なんとかプラスとなりました。

2017年の目標

一番の目標は総資産3000万円超えです。

強気の目標かと思いますが、コツコツ投資と節約で十分達成できる範囲だと考えています。

2017年の目標は以下の5つとなります。2017年末に達成できたか確認したいと思います。

  1. 総資産3000万以上
  2. ポートフォリオをNYダウよりアウトパフォームする
  3. ブログのPV数倍増
  4. 副業収入月1万以上
  5. 貯蓄率40%以上

 

ポートフォリオ

総資産:24,377,735円 (+1.4%)

投資資産:29684.51ドル (±0%)

TICKER 保有銘柄 現在値 構成比率
VYM バンガード 米国高配当株式ETF 76.17 28.57
HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF 82.78 20.04
T AT&T 43.02 11.74
MO アルトリア グループ 67.63 9.22
VDC バンガード 米国生活必需品セクター ETF 134.43 8.25
PFE ファイザー 33 7.20
VOO バンガード S&P 500 ETF 206.74 4.93
PG プロクター & ギャンブル 84.2 4.59
PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF 37.5 2.56
VT バンガード トータル ワールド ストックETF 61.5 2.10
CSCO シスコ システムズ 30.53 0.42
VZ ベライゾン コミュニケーションズ 54.58 0.37

クリスマスに今年一番の出費

Macbook proを購入しました。(タッチバーなしタイプです。)

配当金生活を夢見て節約生活を心がけている私が、約15万円する高額な商品を購入するにはかなり悩みました。

購入した理由は、

①普段使用していたwindowsノートPCが最近異常に動作が遅い。

②Retinaディスプレイの美しさがとても魅力的。

③携帯がiPhoneのため、連携が良い。

④WindowsノートPCは使っていると動作が徐々に遅くなる。Macbookではどうなんだろうという興味。

⑤トラックパッドが使いやすそう。

などです。

新型Macbook proは巷で賛否両論ですが、旧型をわざわざ買うのも疑問に思い最新型を購入しました。

15インチのトラックパッドなし、その他メモリ増設などはせずにデフォルトスペックで購入しました。

私はUSBやSDカードを使用しないため、USB-Cのポートが2つだけでも何の問題もありません。

これまで使用した感想は結構良い感じです。

ディスプレイ綺麗!

薄くて持ち運びしやすい!

トラックパッド使いやすい!

ノートPCはトラックパッドが無いものは選択肢に上がらなくなりそうですね。

スタバでドヤ顔できるし、ブログ更新が捗りそうです。

f:id:satisfy-space:20161225232908j:plain

来年(2017年)の投資方針

来年の投資方針を整理したいと思います。

その前に私は今年から投資方針をアメリカ株中心へと大きく切り替えました。

NISAで購入した日本株を含めて、すべての日本株を売却しました。

そのため、日本株を売ってアメリカ株を購入する作業を続けるだけになってしまいました。

来年はもっとパフォーマンスに注目して投資をしていきたいと考えています。

2016年末の投資資産を基準として、年初から何パーセントなのかを計算して記録していきたいと考えています。

来年の株価動向について

2016年は結果としてアメリカ・日本共に絶好調ですが、トランプ氏が就任してしばらくすると実態が見えてくるため、株価は調整に入ると考えています。

これはトランプ氏の政治手腕が良い・悪い関わらず起こるのではないかと考えています。今は実態が無いまま思惑だけで上げているためです。

そのため、一度下がってきたところで大きく投資する計画です。

また、定期的に毎月10万をNISAを使って米国ETFに投資する計画です。

米国ETFはVYM(米国高配当株式ETF)HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)の予定ですが、どちらに投資するかは状況をみて判断しようと考えています。基本的には配当利回りが高いほうに投資するのが良いと考えています。

予定している投資額

20万x12ヵ月+ボーナス100万=340万

予定している配当金:20万

合計360万円を2017年は投資する計画です。

基本的にはコツコツ投資を続けて右肩上がりに少しずつ資産が増えていく事が理想です。急激に上がった資産は逆に急激に下がる可能性もあるからです。

投機にも憧れますが、時間が無いサラリーマンはコツコツ投資が失敗が少ない一番良い投資法だと考えていますので、来年も続けていこうと思います。

日本株全て売却

トランプ相場によりアメリカも日本も株高が続いています。

しかしこれは一過性のものであり、いずれ調整するでしょう。

私は日本株からアメリカ株へシフトする方針を掲げていますが、一部含み損があった銘柄は塩漬けになっていました。

ですが、この株高を利用して全て日本株は売却に成功しました。

今回できた余力を使って、今後のアメリカ株の調整場面で買付けしていく予定です。

私がアメリカ株のみに投資を集中させる理由は、2つあります。

1つは目アメリカが軍事も経済も世界最強であり、優良企業がいくつもある。

2つ目はアメリカ企業自体が全世界で事業をしているため、わざわざ分散投資せずともアメリカ企業自体が世界に投資している。

結局のところ、アメリカがコケれば全世界コケるので、他の国に分散しても意味ないと考えているからです。

また、給料は日本円でもらっているため、ドルも所持しておく事は通貨の分散になると考えています。

通貨を分散し、投資国も分散し、世界最強の企業に投資できるアメリカ株が1番良い投資先であると私は考えています。

これからも定期的にアメリカ株を買っていきます。